ドウグラス選手と清水航平選手の得点で、ガンバ大阪に勝利! アウェイでの試合にも関わらず、たくさんのご声援、ありがとうございました!次節のホーム最終戦で勝利し、2ndステージ優勝&年間勝点1位を、自分たちの力でつかみましょう!!

Posted by サンフレッチェ広島|SANFRECCE HIROSHIMA on 2015年11月7日
ひさしぶりのサンフレッチェ生観戦。
2ndステージも残すところ2試合で他会場の結果次第では優勝が決まるかもしれない大事な一戦。
相手は最近イヤなイメージしかないガンバ、そしてこの日の会場・万博記念競技場ではなんと2000年を最後に勝利がないという...しかし今シーズンのサンフレッチェはなぜかアウェイにめっぽう強い。前節も森保体制になってから未勝利だったアウェイの甲府戦で初勝利、わるいジンクスを破っている。そんな状況で、まさに期待と不安の入り混じる試合前。

序盤は押し込まれるも徐々に押し返してきて、ほぼ互角の戦いで前半は終了。
そして迎えた後半10分、ドウグラスがPAに侵入するかしないかの位置で被ファール。PKを期待したがわずかにPAの外。与えられたFK、塩谷が囮になりドウグラスが左足を振りぬくとボールは美しい弧を描きながらゴールネットに突き刺さり待望の先制点!
その後は焦りから苛立ちを隠せなくなっているガンバに対し冷静に試合を運び、後半44分にはゴール前の混戦から浅野がボールを青山に、自ら打つかと思ったが右にフリーの清水がいることを確認し、その前に流す。これを走り込んだ清水が思い切り脚を振り抜き、とどめのゴールを突き刺す。
守備は何度か危ない場面をつくられるもゴールは許さず見事完封。

アントラーズが勝利したため2ndステージ優勝確定はオアズケになったが、最終節で敗戦しても得失点差12をひっくり返されない限り優勝は間違いなし。実質、優勝を決定付ける勝利。
レッズは引き分けたため年間の勝点争いでも首位獲得に大きく前進。こちらの争いは最終節、引き分けでも同じく得失点差12をひっくり返されない限り首位が決定する。
しかし最終節は自分もエディオンスタジアムまで観戦に行くので、ぜひとも勝利で飾って2ndステージ優勝、そして年間勝点首位を文句なしで決めてほしいものです!





  • by showhey
  • 16:00
  • Sports
  • 0

    « 2019/11 »
    SunMonTueWedThuFriSat
         0102
    03040506070809
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

    Profile

    Search this site.

    Categories

    Sponsors

    Powered by

    RSS
    ブログパーツUL5